11月 03
2013

太陽光発電の寿命

太陽光発電のデメリットのところで、導入費用について少し書きましたが費用といえばメンテナンス費用も頭に入れておきたい重要コストです。

太陽光発電の保証期間は概ね10年としているところが多いのですがでは、太陽電池それ自体の寿命がそんなに短いのか?と思うかもしれないですが、そうではないのです。

太陽電池字体は概ね20〜30年は持つと言われています。

問題は、太陽光発電の際に設置するパワーコンディショナーというもの。

いわば太陽の光を電気に変換するインバーターのようなもの、この機械の寿命が約10年ほど、ということが多いのです。

まあ、エアコンなど一般的な家電と同じと思えばこんなものですけどね。

太陽電池、いわゆるソーラーパネルの故障はあまり多くはないのですがパワーコンディショナーに関しては結構故障、取替などはよく耳にする話です。

とはいえ、最初に書いたように、最近ではパワコンの保証期間は10年間対象になっているのでそれほど神経質にならなくても良いかと思います。

ただし、あまり頻繁に故障を繰り返すようだと機械自体の取り替えということもありますので点検はこまめにしたほうが良いと思います。

This entry was posted in デメリット. Bookmark the permalink.

Comments are closed.