9月 24
2013

太陽光発電の歴史

太陽光発電の仕組みは至ってシンプルです。

ものすごく簡単に言うと屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光を電気に変換する、というものです。

まあ、実際にはこの合間にものすごい技術が入っているわけですが(笑)というのも、もともと太陽光発電は大変な費用がかかるもので例えば宇宙ステーション、人工衛星などといった規模の大きなものにしか利用できないものだったので。

宇宙なんて、私達からしたら夢の世界のようなものですよね。

とはいえ、それが今現在一般家庭で使用可能になっているという現実もまたちょっと夢みたいな出来事ですけれど。

エコの話で言うと、「京都議定書」という言葉をよく耳にしたと思いますがこれによって何が決定したかというと温室効果ガスを削減するために様々な数値、項目などを極めて具体的に定めたものです。

その中で、CO2を削減するエネルギーとして大注目を浴びたのが太陽光発電。

これをきっかけにして一般利用できるコストでの生産へと飛躍したわけです。

This entry was posted in 歴史. Bookmark the permalink.

Comments are closed.